深呼吸の不思議!呼吸ヘルスケァ 

等々力呼吸のヘルスケァ

心身の不調とアイドリング呼吸

アイドリング
知っていますが・・
普通の自動車では、エンジンが始動した状態
少し燃料を使って、エンジンが、低速で動いている状態
負荷が無い状態です。車に動力が伝わらない・車が動かない状態


アイドリング呼吸
呼吸に例えれば、アイドリング呼吸と言います。
呼吸が、浅い
呼吸機能である横隔膜その他の呼吸筋を十分に使ってない呼吸です。


万病の元凶
それは、アイドリング呼吸です。
神経も筋肉(内臓の筋肉・・)も、劣化します。
神経も筋肉もバランスが悪い
すべての生理機能・生理作用が良くない
器官・組織・細胞の劣化とネットワークが乱れる


万病を患う
呼吸を作りなおす
これ以外に健康体をつくる方法は無いです


あっち、こっち・・病院回り
医療に頼っても、治りません。


いろいろの病気持ちの人
元凶・病気の根本原因は、アイドリング呼吸です。


健康に良い呼吸に、呼吸の方法を変える
逆腹式呼吸を練習すると良いです。


健康な赤ちゃんの呼吸に還りましょう。
赤ちゃんの呼吸は、理想的な丹田呼吸です。
これは、万病を癒す丹田呼吸 
(著者・医学博士・村木弘昌)の言葉です


瞬殺でブレスコントロールを向上させてしまう横隔膜の緩め方 - YouTube



ホルモンと呼吸 心と身体を調整・コントロールする

交感神経と副交感神経の調整・バランス・コントロール
ホルモンのバランス・調整が乱れる
必ず病気になります。


ホルモンは、心身の働きを調整・コントロールしています。
このホルモンを調整・コントロールするもの・・・その方法
それは、呼吸です。
呼吸は、自律神経を支配・調整・コントロールしています。
呼吸は、自律神経を支配・調整・コントロールすることが出来ます。


脳内物質も同じです。
セロトニン・アドレナリン・ドーバミン


身体の多くのホルモン
バランスが、健康の第一です。
ホルモンのバランス
分泌と流れ


この大きな命題を解決してくれる
それは、深呼吸です。
口呼吸・浅い呼吸は、ダメです。
早い・か細い呼吸は。ダメです。


深い長い深呼吸!!!
逆腹式呼吸・持続腹圧呼吸・胴体呼吸・体幹呼吸・・です。
横隔膜その他の呼吸筋を100%動かし・活用する呼吸です。


生命維持機能ので呼吸機能は、自分の意志で、自由に調整・コントロールが出来ます。呼吸筋は、不随筋・随意筋です。


ホルモンの調整・バランス
呼吸を応用すれば簡単に可能です。


化学薬品は、氾濫しています。
それが・・また、ホルモンのバランスを乱す
悪循環です。



腰痛の予防・筋肉のコルセット 自分が治すが1番


                                                                                                                            腰痛腰痛とコルセット
予防と治癒に、用いられる。


このコルセット
もし・・・筋肉のコルセットにしたら・・・どうなるだろう・・
筋肉のコルセット?????


腹腔の深層筋である腹横筋です。
この筋肉を柔軟強化する
筋肉のベルトになります。


腹横筋の劣化
腰痛の原因です。
腰痛は、腰部・背筋部・・・・の深層筋肉の劣化が大きな原因です。
基本的には、浅い呼吸が原因です。断言します。


腹横筋を筋肉のコルセットにする
どうすれば、よいか   方法
今の呼吸の方法を変える  逆腹式呼吸を行う。
逆腹式呼吸が、効果的です。断言します。私の経験・体験です。
疑うなら・・・ウエヴ・・・検索して下さい。


腹横筋を筋肉のコルセットに変える
腰痛の予防と治癒回復に、必勝の方法です。
自分が、治すが1番だ!!

体調不良に、深層筋肉の柔軟強化



近隣・・・100軒以上
配った。


深呼吸の力 深呼吸の不思議
 逆腹式呼吸は、健康に良い呼吸です。
 
吸う時、お腹をへこます。吐き出す時に、お腹を膨らます。腹式呼
吸の逆です。
 逆腹式呼吸は、●深層筋肉・インナーマッスルも動か
し使う呼吸です。
 
老化とは・・筋肉の硬化・劣化・退化でもあります。
身体の筋肉は、大きく分けて骨につく骨格筋・血管や
胃腸・・の平滑筋と心筋の3種類です。
 
老化は、体内のすべての筋肉の硬化・劣化・老化・退化です。
 筋肉の柔軟強化は、年齢とは、関係ありません。
 
表の筋肉・アウターマッスルの筋肉モリモリ・・は、健康と
は、関係ありません。
 
問題は、深層筋肉・インナーマッスルの柔軟強化です。
 内臓・関節の動きがが、大事です。
 
逆腹式呼吸は、深層筋肉も使い動かし呼吸する呼吸の方法です
全身の筋膜は、連結・連動します。
 逆腹式呼吸は全身の筋肉と連結しています。同時に動きます。
 
逆腹式呼吸を行うと自然に全身の筋肉が柔軟強化されます。
 インターネット・ユーチューブ・・ウエブで検索すれば多く出ます。
 
初めは、無理しないこと 食後30分間は、行なわないこと
2秒吸って4秒・・吐き出す   なれると4秒吸って8秒吐く・・・
 
毎日、約10分間でも・・行ってみる・・体感してみると良いです。
 





錐間板ヘルニア 腰痛の原因と治し方

https://www.sawai.co.jp/kenko-suishinka/illness/201211.html
上記の画像・・・は、2人の医者の説明です。


錐間板ヘルニア
私は、こうして治した。
逆腹式呼吸を行った。逆腹式呼吸に、呼吸を変えたのです。


約、20年間・・・錐間板ヘルニアを患った。
整形病院・整体・・回った。
だが・・治らなかった。
どの整形病院も検査は。レントゲンでした。
だから・・原因・・同じ説明でした。


約20年前、私は、ある事から・・・呼吸が変わった。
最初は、逆腹式呼吸を自然に行った。
毎日、朝夕・・30分以上のお経を唱えた。お経は、呼吸です。
大きな変化がありました。


整体では、活元運動・自律調整運動です。肩・首・・が、コル・・自然に回している・・
あれが、全身に現れます。不思議です。
自然治癒力が、全身に発現する。


誰も・・信じないでしょう・・・・
しかし、本当です。



自然に全身をクニャ・クニャ・・動かす運動が出ます。
いつの間にか、腰痛は、治りました。


あれから約20年・・・
一度も、腰痛は、発症しないです。


私の経験・体験から・・・
先ずは、呼吸を変えることです。
いろいろ・・・しなくても、逆腹式呼吸を3月
1日、朝夕 それぞれ、10分間でも、継続して行う。


呼吸法とは
解剖学的には、どの筋肉を使って呼吸を行うのか・・・・です。
胸の筋肉・腹の筋肉・深層筋肉です。


逆腹式呼吸は、胸・腹・腰・背中の筋肉と深層筋肉を動かして呼吸します。



逆腹式呼吸を行いながら・・・逆腹式呼吸と連動して、ゆっくりと身体を動かす
大事です。


逆腹式呼吸と共に・・ゆっくりとラジオ体操・・ゆる体操・・・行う。
逆腹式と連動して歩く   日常の生活動作を行う
それだけで・・・・自然に腰痛は、治ります。


なぜ・・・筋肉の硬化・劣化・老化が、腰痛の大きな原因だからです。
全身の筋肉・・体内のすべての筋肉
骨格筋・平滑筋・心筋  筋肉は、600以上の名称があります。
●運動・体操で、全身の筋肉を柔軟強化することは、絶対に出来ません。


●深層筋肉も使う呼吸を行いながら・・・体操・運動を行う
ヨガ・太極拳・ピラティス・・・が、そうです。